下流愛国民がブログはじめました

お上からだまされないで生きていくために。

タグ:天下り

どんな野郎が天下ってるのか調べようと、
「化学及血清療法研究所」公式ホームページをのぞこうとしたら、閉められていた。
隠ぺい工作も得意だったね。なんかやましいんだろうねぇ。

キャッシュをコピペ↓(リンクはエラーページ)

役員一覧・組織図

www.kaketsuken.or.jp/.../board-of-directors.html - キャッシュ

常勤役員名簿 理事長・所長 宮本 誠二 系列担当 副理事長・副所長 横井 公一
ワクチン 事業部門担当、法務・コンプライアンス部門担当、経営企画部門担当、
系列副担当 常務 理事 千北 一興.


コピペはここまで。

テレビで記者会見してた人が宮本誠二↓
2014年の【日熊プレジデント倶楽部】の宮本誠二インタビュー記事をみつけた。
2015年の【日熊プレジデント倶楽部】の宮本誠二インタビュー記事

『売り上げがのびてる』などと語っている。儲け優先だから、そりゃ儲かるだろうね。

どんだけ厚労省の天下りがいるのか、調べたかったが・・・

【東京新聞】より 虐待通報の職員訴えられる(埼玉と鹿児島の事例2件)

実家から新聞をもらって、記事を探してみた。

(さいたま市)NPO法人 就労支援施設
元職員(当時在職・42歳女性)が、上司による以下の虐待を目撃した。
知的障がい者利用者2名の裸の写真を撮って、他人の携帯へ送信。
送迎バスに利用者を閉じ込める。利用者の頭をコンクリートに打ちつける。
職場のPC内に、利用者の裸の画像を保存する。

上司のこのような虐待を、まずは管理者へ訴えたが、相手にされなかった。
元職員は施設を辞めたのち、さいたま市へ通報した。
監査が入り、虐待が認定され、施設は改善勧告を受けた。

嘘の通報がもとで、施設の収入が減って損をしたとして、施設側は、元女性
職員に対し、672万円の損害賠償を求めている。


(鹿児島市)営利法人 就労支援施設
元職員(48歳男性)が、施設利用者から「頭を叩かれた」という訴えを受け
多数の目撃証言をえて、鹿児島市へ通報した。
元男性職員は通報したことにより、職場で不当な扱いを受け、自分から辞めた。
施設は虐待を否定し、男性が嘘をついているとして、110万円の損害賠償を
求めている。

ここまで新聞記事概略。

虐待は、身体的な暴力だけを言うのではない。
言葉の暴力、差別、強要、無視、放置、経済的虐待(生活保護を受けさせない
預金を故意に浪費させる、借金を負わせる)なども「虐待」である。
おかしいと思った人は速やかに通報するように周知されている。
障がい者虐待防止法によって、訴えた人を不当に扱うことを禁じている。

なぜ虐待がおこるのだろうか。
認知症高齢者や知的障がい者(中度~重度の人)を狙って、卑しい人間が群がる
からだと私は見てきた。管理者の人格次第で、社風が卑しくなる。
部下は社風に習っていく。知的障がい者を道具のように利用して儲けていく。
利用者を都合よく動かそうとすれば、虐待はおこる。

しかし、老人の虐待はニュースになるが、知的障がい者の虐待は表面化しにくい。
今回は、逆恨みして損害賠償を求めたので目立って公になった。

虐待がなぜ表面化しにくいのだろうか。
障がい特性ゆえに、自分の意志判断で訴えられない。保護者にも伝わりにくい。
虐待する側は、特性につけこむ。上司は役所OB天下りだったりすると、まず
まともに取り合わない。通報しても、役所とツーカーでもみ消されることも。

役所は通報した人を保護しないのだろうか。
通報した人は、名前を伏せられ、不利益を被らないように守られるはず・・・だが、
上司が役所OB天下りだったりすると、筒抜けになり、やがては目の敵にされ、
パワハラを受けて、自分から辞めるように仕向けられていく。

さいたま市の女性職員も、鹿児島市の男性職員も、障がい者を守ろうとしたら
訴えられた。私も類似した経験があるので、心から気の毒に思う。
女性職員の方はもしかして、変態上司から「セクハラ」も受けていたのでは?
管理者が取り合わない苦しい状況もほんとにわかる、わかる。

営利も非営利も、「障がい者就労支援」はじゃんじゃんできている。
そして、就労支援仲介役の「相談支援事業所」の実態もひどい。
「就労支援・生活支援センター」にいたっては、税金泥棒だと思っている。

今回はじめてこうして、でかでかと記事になり、良かったと思う。
2人には、圧力に負けないで、堂々と貫いてほしい。

★私の実体験に基づく、ぶちまけたい業界ネタは、また別な日に。



【東京新聞】茨城県知事釈明、教育委員発言

いかにも役所らしい発想だなと思っていた。
教育委員会、社福、児童相談所とか・・・役割を果たさない。
税金泥棒だと思っている。せめて人の心をもった人を配置してほしい。

私は、福祉業界に就き、障がいをもつ友人がいることもあって、
威張るばかりの天下りや看板ばかりの障がい者相談所、障がい者に群がり、
手を組んで儲ける福祉関係者と遭遇してきた。
信じられないような差別や圧力を何度も体験している。

ちなみに、私の身辺で実際にあった話↓

ある入所施設管理者のケース会議での発言(県庁OB天下り)
「毎度毎度こんなに大勢で時間かけて話し合ったって、無駄じゃないの?
 この子は苦労して支援するに値するだけ価値あるのかな?
(手厚くしても、報酬にならない、割に合わないという意味も含む)」

地方の小さな施設でのこのような差別は、事件やニュースになることもない。
解雇されるので、へつらって従うしかない。私は耐えられないので辞めた。
辞めて通報したが、もみ消されて終わった。

問題だらけの福祉業界語ると止まらなくなる。
不正について書きたいが・・・またの機会に。


「年金機構は仕事がいいかげんなので、年金不正受給とか
 ありえないことが普通におこるけど、マイナンバーのおかげで
 公務員の仕事が楽ちんになるだろうね。」


「天下り機構をつくって、税金を使うんだろうね。」 

「社員のマイナンバーを管理しますというケチな商売も始まった。」

「個人情報集めて売りまくれば、儲けが永遠に続くだろうね。」

「郵便局、IT関連の儲けがハンパないな。」

「マイナンバー検定って何だ?誰がやってる?」

「ブログRSSリーダーに、勝手にマイナンバー宣伝が侵入。」

「写真代?失くすと再発行?障害者とか高齢者は何回失くす。」

「タレント使って宣伝することなの?」

「今現在、ただちに悪用はされないだろうけど、そのうち本当の
 狙いがわかるだろうね。」

↑このページのトップヘ