下流愛国民がブログはじめました

お上からだまされないで生きていくために。

タグ:癒着

どんな野郎が天下ってるのか調べようと、
「化学及血清療法研究所」公式ホームページをのぞこうとしたら、閉められていた。
隠ぺい工作も得意だったね。なんかやましいんだろうねぇ。

キャッシュをコピペ↓(リンクはエラーページ)

役員一覧・組織図

www.kaketsuken.or.jp/.../board-of-directors.html - キャッシュ

常勤役員名簿 理事長・所長 宮本 誠二 系列担当 副理事長・副所長 横井 公一
ワクチン 事業部門担当、法務・コンプライアンス部門担当、経営企画部門担当、
系列副担当 常務 理事 千北 一興.


コピペはここまで。

テレビで記者会見してた人が宮本誠二↓
2014年の【日熊プレジデント倶楽部】の宮本誠二インタビュー記事をみつけた。
2015年の【日熊プレジデント倶楽部】の宮本誠二インタビュー記事

『売り上げがのびてる』などと語っている。儲け優先だから、そりゃ儲かるだろうね。

どんだけ厚労省の天下りがいるのか、調べたかったが・・・

ブログネタ
政治問題 に参加中!


国民の命にかかわる薬を出す「化学及血清療法研究所」が、不正製造と監査を
ごかまし続けてきた。40年間も厚労省は許可し続けてきた。

「化学及血清療法研究所」は経団連!!

監査をやるのは、なにしろ厚労省だから、まるで200%信用できない。
厚労省は当たり前の仕事すらしないから、
国民に飲ませる薬なんか監査もいいかげんだろうと想像がつく。

手抜きしていいかげんに作った薬を、国民はだまされて飲まされて、
多くの薬害エイズ被害者を出しても、反省もなく廃業にもならない。

今現在は、「化学及血清療法研究所」製造の
インフルエンザワクチンを厚労省は「安全」だと許可した。




そういえば・・・
インフルエンザワクチンで死亡する人もいるけど・・・う~ん??

「化学及血清療法研究所」は経団連!!

恐ろしい薬屋に営業させて儲けさせているのは、厚労省である。

自民党の政治献金を受けるために存在している団体
一般財団法人「国民政治協会」

トップページ見ただけで札束の臭いが・・・

歴代会長を確認。
昔はNHKの会長がやっていた。商工会議所会頭も。
前の会長は、塩川元財務大臣(故 塩爺)
今現在は、経団連企業の昭和電工最高顧問が会長になっている。

なんでもかんでも経団連がはまってるんだねぇ。

【東京新聞】
2014年政治資金 企業献金4.3%増 86%は自民 経団連、政権接近

この記事の中の折れ線グラフ参照
2009年に民主党政権が誕生した途端に、献金呼びかけを中止。
2012年に自民党が政権奪回した途端に、献金が増え始めている。

自民党と経団連の癒着が一目瞭然でわかりやすい。

経団連の「東京海上日動火災」が、お客さんから保険料を集めて、
保険金を支払わないで儲けている。10年間で18万件とはすごい。

【President online】東京海上、保険金不払いが2000倍超に増えた「理由」
会社ぐるみの不正を、真っ当な心がある一人の社員が告発した。
告発した社員は不当な扱いを受けて、遠隔地に飛ばされた。

「東京海上日動火災」は経団連企業だ。経団連役員一同参照
国民をだまして集めたお金が、政治献金として議員に流れたろうね。

↑このページのトップヘ