ひもつけられてわかる鵜の気持ち

【解説】
国民は一羽一羽、長良川の鵜のようにひもをつけられて
エサを横取りされて、鵜匠(国グルミの企業)に丸裸にされる
悲しさを句にしてみました。

この辺のご町内でも、書留の配達ミスが続いて、郵便局が悲鳴を上げているとか。
当たり前でしょう。配達員は時給700円のアルバイトだからね。

実家の老母
「昨日夜の8時頃に、書留ですって、郵便局が玄関でねばっていた。
 居ないふりして出なかった。」

愛国民
「憲法無視の届け物は受け取らないでよい。こっちも無視して構わん。」